簡単に見込み客が絞り込め営業活動を効率化

営業の仕事としては商談がありますが、すべてのお客さんにすぐに商談まで持ち込めるわけではありません。電話などで自社商品の提案などをしても、興味を示してくれなければいくら話をしても無駄な時間が過ぎるだけになるでしょう。興味を持ってくれるお客さんに対して商談をしていきますが、多くのお客さんの中から見込み客を絞り込むのは大変で時間もかかります。営業代行会社の中にはアポハンターサービスがあり、所定のリストをもとに必要なアポ取りをしてくれます。通常は社内の営業担当者などが実際にかけて話をしアポを取付けますが、そこまでをすべてアポハンターが行ってくれます。社内の営業担当者はアポを元に商談をしていくだけなので、効率的に営業活動ができるようになります。

既存顧客のつなぎ止めがしやすい

営業担当者は担当の顧客と適宜コミュニケーションを取り、問題点が無いか必要としている商品が無いかなどを探ります。ただ多くの顧客に対して平等に対応できないときもあり、販売金額が少ない顧客などはあまりコミュニケーションが取れないときもあるようです。コミュニケーションが無ければ少しずつ顧客が離れていき、既存顧客の減らすだけでなく売り上げ減少の可能性も出てきます。そこで顧客とのコミュニケーションを営業代行のアポハンターを利用して行ってもらいます。既存顧客の情報を業者に提示して現状の問題点などを聞き出してもらえます。聞き出した情報を元に必要であれば再度営業担当者が提案を行い商談につなげられます。顧客減少や売上減少を防げるでしょう。

アポを取ること、商品説明など、これまで一人の営業担当者が全て行っていました。しかし今はこれらの仕事を分業化して自社の弱いところを外注するところが増えてきています。このサービスを営業代行と言います