受講者がやりたい研修を調べる

受講者が受けたくない研修をいくら実施しても成果はたかが知れています。むしろ時間の無駄になる可能性もあるでしょう。しかし、受講者が受けたいと思う研修であれば、成果は上がりやすいでしょう。そのため、受講生が受けたいと考える研修を調べることが大事です。仕事によっては必要となるスキルを獲得するために、受講したいという人たちもいます。そのような声を拾っていくと、受講生に合った研修を作り上げることができるでしょう。

研修で実現できるかを調べる

受講生のやりたいことを集めたら、実現可能かを調べます。実現できることであれば、研修としてカリキュラムを組む方法を考えます。資金や講師などの問題でカリキュラムが組めない場合もあるでしょう。しかし、可能な研修であれば、問題をクリアにして研修計画を立てます。

求めている研修を実施する

研修のカリキュラムが組めて、受講生が集まれば研修を実施できるでしょう。受講者が求めている研修であれば、成果は高い確率で上がるはずです。仕事に生かせるものであれば、その後の実績に影響を与えるかもしれません。受講者が求めている研修を実現することは、会社の業績に繋がることもあるのです。

成果を調べることも大事

研修を実施したあとは成果を調べることも大事です。成果が上がっていれば、研修が有益だったと証明できます。成果は研修を受けたあと1ヶ月以上時間をあけて調査しましょう。あまりに近いと成果を上げる前になってしまうかもしれません。アンケートなどの方式で良いので、必ず実施しましょう。

新人研修とは、文字通り企業が新入社員向けに行う研修のことを指します。入社後すぐに実施され、その企業での業務に必要な知識やスキル、社会人として必要なビジネスマナーなどを身に着けるために行います。