通販では物流に費用がかかる

店舗販売とは違って通信販売では物流のために費用がかかります。通販を始めるときには物流コストを考慮して予算を立てておかないと利益が出ずに困ってしまいがちです。物流とは通信販売をする商品を入荷して倉庫に保管し、注文があったら出庫して注文者に届ける一連の流れを指します。入荷した商品を倉庫に保管するのにも、注文を受けて出庫をするのにもコストがかかります。注文者から配送料は申し受けることが可能ですが、在庫管理や入出庫にかかるコストは自ら負担しなければなりません。倉庫の維持管理にかかるコストも大きいことから、いかにして費用を抑えるかを検討する必要があります。それでも利益が出ないということもあるので注意しましょう。

物流コストを加味して販売価格を決めよう

物流コストの影響によって現在の販売価格では利益が出せないとわかったなら、販売価格を再考するしかありません。物流コストを加味して値上げを断行しなければ通販を始めても損失を生むだけになってしまいます。また、物流を全て社内でおこなおうとしているのが原因でコストがかさんでいる場合もあるでしょう。外部委託によって物流コストが下がることはよくあります。業務コストが大きくなっている部分を取り上げて委託先を探してみましょう。見積もりを取って比較し、やはり物流コストが下がらないようなら販売価格を上げざるを得ません。店頭との価格差が生じてしまっても仕方ないと考え、必要な利益を生み出せるように価格を再検討して通販を始めましょう。

お出かけが制限された世の中の流れによって、通販の需要は拡大しています。それを支える通販物流の重要性も益々増していきます。