まずは最低限の知識をつける

電気製品の自作は、地震のライフスタイルに沿った機能を持った電気製品を手に入れることができるため、非常に人気があります。しかし、だれでもすべての電気製品を簡単に自作できるというわけではありません。自作初心者ならば、まずは最低限の知識を身につけてから始めることが重要です。何の知識もないまま、作業を始めてしまっては事故が起こる可能性があります。電気を扱う限り、火事の危険性は常にあります。どのような危険が、どのようにして発生し、それを防ぐための最低限の知識を身につけるとよいでしょう。

簡単なものからチャレンジ

初めて電気製品の自作をするならば、簡単なものからチャレンジするとよいでしょう。いきなり難しいものから初めてしまうと、途中で難しさから挫折してしまう可能性があるからです。簡単なものから初めて、徐々に難しいものへと変えていけば、段々作業にも慣れ、知識も蓄えられるので、楽しさも上がっていきます。初心者ならば、自作キットを活用するとよいです。あらかじめすべての部品がそろったキットであり、作成手順もしっかりと記入されています。組み立てるだけで完成するものが多いので、子どもでも簡単に作成可能です。

照明器具やラジオは初心者向け

初心者におすすめの自作できる電気製品としては、照明器具やラジオをあげることができます。照明器具は、自動点灯装置などの難しい仕組みの機能を付けるのでなければ、基本的に部品をそろえて組み立てるだけなので簡単です。ラジオも、使用する部品が少なく、構造も簡単なので初心者向きです。

途中からプロに丸投げできるパソコン

パソコンの自作も簡単な部類です。途中で挫折してしまったとしても、パソコン専門店に依頼すれば、最後まで完成させてくれることもあります。

プリント基板実装は、まだ配線しかされていないプリント基板に電子部品をはんだ付けして基板が電子回路としてきちんと動くように作成することです。表面実装(SMT)と挿入実装(IMT)があります。