EC物流では倉庫が必要?

EC物流ではサイト規模や取扱商品数に応じて倉庫を用意する必要があると言われていることがあります。ただ、本当に倉庫を用意する必要があるのかが疑問になった人もいるのではないでしょうか。ECサイトでは商品の販売をするのが主流ですが、必ずしも在庫を大量に抱えておくことは必須ではありません。受注生産をするシステムのECサイトにすることもできるでしょう。また、他社製品を販売する仕組みにしたり、工場から直接出荷する仕組みを整えたりすることも可能です。そのため、ECサイトの運営を始めるタイミングで倉庫を用意することは必須ではなく、運営上必要であれば手配すれば良いと考えるのが妥当でしょう。

専用の倉庫は物流会社に手配してもらうことも可能

もしEC物流のために在庫管理をする倉庫が必要な場合には自社で建設するか、賃貸しなければならないのでしょうか。ECサイトの運営方針によって違うので、もしかすると専用の倉庫は自社手配をする必要がないかもしれません。物流会社に委託してECサイトに入ってきた注文の配送などを任せるのであれば、倉庫の手配も委託先の物流会社が手配してくれる場合が多くなっています。委託先としても自社倉庫を利用できた方がスムーズに配送できるので、倉庫を指定されるよりも対応しやすいのです。ただ、委託先として選定した物流会社によってどのような対応になるかは異なります。倉庫に関して交渉する必要がある場合もあるため、まずは意向を伝えて倉庫の手配について詳しく相談してみましょう。

EC物流とはWEB上の通販サイトなどで購入された商品を梱包したり発送したりするなど、インターネットを介した取引で生ずる物流のことです。