一般労働者扱いになる派遣の運転手

派遣社員は大別すると特定労働者と一般労働者の二種類ですが、運転手は一般労働者に含まれます。一般労働者の場合、期間が最長で3年と法律で決められているので、快適な職場と感じても3年を超えて働くことはできません。同一組織への派遣の場合、3年を超えた時点で別の部署へ派遣先が変わります。しかし、派遣の仕事も職種によっては経験が重視されるので、運転手の仕事に就きやすいと言えるでしょう。

長く働くのに適した紹介予定派遣と注意点

紹介予定派遣は派遣先が労働者を正社員として登用することを予定する形態です。一定期間を経て、派遣先が示す条件を満たしたと判断された場合に正社員として登用される形になります。運転手の仕事は実際に車両を運転する経験を積むことが重要なので、正社員として長く働くことが期待できる紹介予定派遣は理想的な働き方と言えます。しかし、必ずしも登用されるとは限らない他、正社員ではなく契約社員扱いになるケースも少なくありません。紹介予定派遣の形態で働く際は登用の条件を確認する必要があります。

派遣会社によって得意分野が異なる

ひと口に運転手と言っても個人の送迎や荷物の運搬、作業車両の操作など多岐にわたります。また、派遣会社によって扱う職種が異なるので、派遣運転手として働く場合は希望する働き方と派遣会社の得意分野が合致していることの確認が必須です。また、スタッフのサポートが充実していることも重要な選択肢になります。希望通りの派遣先を紹介するだけではなく、長く働くためのアドバイスやスキルアップに繋がる講習を行うなど、メリットの程度も確認することを忘れてはいけません。

運転手の派遣を利用するメリットは、需要に応じて変動させることができる点です。そのため、配送を担当する側も余分なコストを削減できます。