従業員数が多い職場ならアプリがおすすめ

タイムレコーダーの性能は年々進化しており、従来型の職場の出入り口に設置する製品ばかりでなく、勤怠管理に特化したアプリの導入を進める企業も増加しています。特に、従業員数が多く、総務や事務の担当者の負担が大きい場合には、早い段階でタイムレコーダーのアプリをダウンロードすることで、業務効率の改善や人件費の節約といった効果を期待することが可能となります。また、一人ひとりの従業員がタイムレコーダーのアプリを適切に操作できるようにするにはある程度の教育が必要となるため、余裕を持ってアプリの機能や操作方法について研修を実施するのがおすすめです。なお、使い勝手の良いタイムレコーダーアプリを選定するうえで、法人へのサポートが徹底しているアプリの開発元に相談をするのも有効です。

給与計算まで対応できるアプリなら経理業務もラクラク

数あるタイムレコーダーアプリの中でも、給与計算まで対応できるものは、月末や年度末の経理業務も楽にこなすことが可能となります。一般的に、開発されて間もない多機能型のアプリについては導入時に大きなコストが発生することがあるため、時間を掛けて色々なアプリの開発元の資料に目を通して、予算に合うものを導入するのがポイントです。また、アプリの給与計算の仕組みについては、それぞれのアプリの開発者の技量に大きく関係しています。そうした中、給与計算の機能を重視してアプリの導入を行うにあたって、日ごろから優秀なエンジニアが揃っている開発元を探すことが重要です。

タイムレコーダーとは、会社などで出勤や退出の時刻を正確に記録するための機械です。出勤記録時計や勤番記録時計と訳され、紙に時刻を印字するタイプやICカードリーダータイプがあります。